LAVENDERのつぶやき

今年もやっぱりtakizawaだよね・・・
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

スマステ 〜松田優作特集〜

今日はどうしてもこちらを語らせてください。
さっきスマステで「松田優作」の特集をしていたので、かつて今のタッキー以外に心拍数の上がる俳優がいたのを思い出して。

爆笑問題の太田さんが松田優作さんの熱烈なファンとしてゲスト出演。私が、そしておそらく松田優作ファンが語りたい内容をあますことなく話してくれていて、非常に気持ちがいい!太田さんGJ!

太田さんはショーケンのマカロニ刑事が大好きだったので、ジーパン刑事を受け入れられず、優作を見出すのが遅れたと言っておられたが、私は逆にマカロニ刑事を見ていなかったので、「太陽にほえろ」の再放送を見てすぐに魅了された。その頃は優作は暴力事件(の疑い)で干されていて、再放送でその姿を追うのみ。ようやく「大都会PART供廚妊謄譽咾防帰、ようやくその姿をリアルタイムで見ることができ、その後魅了されっぱなしでその姿をず〜っと追ってきた。
太田さん曰く、彼の時代は女の子には人気がなく、女の子はジャニーズ、男の子は優作に憧れていたという。だとしたら私は当時変な子だったんだろうな(笑)
子供心に彼の大人のセクシーさ、粋さがとても魅力的で、しかもアクション、特に走るシーンが美しく、こんな俳優は他にいない!と夢中だったことを思い出した。
彼のスクリーンを満たすオーラは強く、これがスターというものだ!と私自身は思っていたけれど、当時、後に彼の代表作となる「遊戯シリーズ」を映画館に観に行っても観客は数人。東映系だったせいもあるのか、薄暗く、トイレに立つのもちょっとコワかったのを覚えている。

彼はアクションスターとして築いた地位にしがみつくなく、むしろ取り壊して俳優松田優作の新しい形を創り上げていった。
この特集で太田さんが彼の凄さを見出し、自分達はとても-評価していたけれど、世の中は評価していなかった。だんだん評価されるようになってきても、彼は頂点に立つ人だ、彼への評価がまだ足りない、まだ足りないと思っていた。ハリウッド、「ブラックレイン」で成功した時にそれみたことか!と思ったが、でもまだまだこれからだ!と思っていただけにその死が残念だと語っておられた。

インターネット時代でさまざまな評価が掲示板やblogでとびかう今日だけれど、中途半端に影響を受けるのではなく、自分の感性だけは信じていきたいなと思っている。

最初ただのアイドルだと認識していた滝沢秀明に魅了されている今日この頃だけれど、見た目や俳優としての種類は違えど、やはり彼には他にはマネできないスター性を感じるんだなぁ。世間の評価はまだまだ足りない!(笑)そして彼自身もまだまだ発展途上だし、勝手ながらもう少し精進してほしいと思う部分もある。でも、彼は間違いなく選ばれた人だと思うし、どんどん冒険して、精進して、本当のスターを目指してほしいなと思う。

ちょっと無理矢理なんだけど・・・全く雰囲気が違うのに同じように惹かれるのはなぜかと考えてみたんだけど(笑)
なんといっても他にないスター性(近くのカッコイイお兄ちゃん的素材ではなく)
反骨精神
内からくる表現力
動きの美しさ(顔ではないよ(笑))
これらが私をくらくらさせるんだなぁ・・・。

見続けたいスターが居てよかった!楽しい!
しかしタッキーには長生きしていただきたい!



松田優作 | comments(4) | trackbacks(0)